ソフトロック・サバービア リスト

 

*リストの見方について アーチスト名、作品タイトル、フォーマット、商品価格、レーベル名、発売年、ジャケットのコンディション、盤のコンディションの順で表示しております。

*「The」の表記のあるバンドは、「The Beach boys」は「B」の項目にといったように、配置しております。「VA」の表記は、「Various Artist」の略で、複数アーチストによる「オムニバス盤」であることを表しており、「OST」の表記は「Original Sound Track」の略で、映画のサウンド・トラック盤であることを表しています。

*表示価格は消費税込みの価格です。

*New ! の表記が今回新しく追加した商品です。

*それぞれのアイテムについて、発売国を明記しております。

*カットアウト(ホール・パンチ穴)とは、とくにアメリカにおいて、当時の新品レコードのジャケットの四隅のうち、いずれかを切り落としたり穴をあけて廉価販売用としたものです。盤には影響なく、もちろん不良品でもありません。

*7インチ・シングルにつきましては、日本盤をのぞきまして元々ピクチャー・スリーブなし(カンパニー・スリーブ付)で発売されたものが中心です。ピクチャー・スリーブがあるものに関しましては、その盤ごとに明記しております。

 

The Beach Boys Friends LP \5,900 Capitol 68 ○2 ○1 イギリス盤

イギリスのみでリリースされたビーチ・ボーイズの68年作品のモノラル盤。現在の再発CDなどにも採用されていない、このイギリス・オリジナルのみのバージョンです(本国アメリカではすでにステレオ盤のみの発売となっていました)。さらにビートルズのオリジナル盤でもおなじみの「Garrod&Lofthouse」社の美しいコーティング折り返しスリーブ。さらにオリジナルのEMIの広告入りのインナー・スリーブも付いています。内容の方は「Meant for You」、「Be Still」、「Wake The World」など、おだやかな雰囲気の佳曲ぞろい。アメリカでアルバム・チャート100位以内にも入らなかったのが不思議な好作品です。未再発の廃盤アイテム。マトリックス末尾番号は両面とも1!、盤はきれいですが、ジャケット裏下部の折り返し左半分が失われています。

The Beach Boys Pet Sounds LP \3,900 Capitol 66 ○2 ○1 イギリス盤

ビーチ・ボーイズの傑作アルバムのイギリス盤アナログ。70年代初期のプレスのステレオ盤(擬似)で、まだこの時期はビートルズのオリジナル盤でもおなじみGarrod&Lofthouse社の表面コーティング・スリーブが使用されています。名盤のバリエイションとしてどうぞ。コーティングの剥離もほとんどなく、盤もきれいです。

The Beach Boys Smily Smile LP \2,900 Capitol 67 ○2 ○1 イギリス盤

「Good Vibrations」、「Heros And Villains」のヒット・シングルを収録したビーチ・ボーイズの67年発表アルバムのイギリス盤アナログ。70年代初期のプレスのステレオ盤で、Garrod&Lofthouse社の表面コーティング・スリーブが使用されています。コーティングの剥離もほとんどなく、盤もきれいです。

The Beau Brummels Triangle LP \12,000 Warner Bros 67 ○2 ○1 アメリカ盤

ソフトロック・フアンにも人気のボー・ブラメルズの67年作品。めずらしいホワイト・レーベルのプロモーション盤、モノラル・バージョン(W1692)です。レニー・ワロンカー・プロデュースによる、まさにバーバンク・サウンドといった音世界が楽しめます。ランディ・ニューマンの「Old Kentucky Home」のカバーもあり、個々の曲が独立している点でヴァン・ダイク・パークスの「Song Cycle」よりもとっつきやすいかもしれません。初期プレスの可能性の高いホワイト・レーベルで、あまりプレイされていない盤状態でのモノラルの音像は魅力。この時期でもレーベル部にワーナーのレコード音質のキャッチ・コピーの「Vitaphonic」が記されているのは珍しいのではないでしょうか?ジャケ上部中央に若干の裂け(完全には貫通していません)がある以外は、書き込み、ステッカーあとやカットアウトもなく貴重な一枚です。

Blossom Dearie Blossom Time LP \3,900 Fontana ○2 ○1 カナダ盤

ブロッサム・デアリーのロンドン・ロニー・スコッツ・クラブ 67年のライブ盤。「The Shadow of Your Smile(いそしぎ)」、ミシェル・ルグランの「Once Upon A Summertime」、「Mad about The Boy」、「Satin Doll」などスタンダード曲を、ベース・ドラムスの入ったピアノ・トリオ形式で歌っていきます。なかなか見ないモノラル、カナダ盤です。フォンタナの広告スリーブ付。カットアウトもありません。

Blossom Dearie Sweet Georgie Fame 7シングル \5,900 Fontana ○2 ○1 イギリス盤

ブロッサム・デアリーのイギリス・フォンタナ・レーベルからのめずらしい7インチ。ジョージー・フェイムを歌ったタイトル曲はアルバム「That's Just The Way」では、ブライアン・ガスコインの豪華なスリングス入りのバージョンでしたが、このシングルでは彼女を含むピアノ・トリオ・アレンジのもの。B面はそのアルバムには未収録のボサノバ人気曲「One Note Samba」(英詞)のライブ。A面以上に録音レベルが高くアップテンポに仕上げられた快活なナンバー。両面とも魅力的な一枚。モノラルでフォンタナのカンパニー・スリーブ付。未再発・廃盤アイテムです。

Cathy Young A Spoonful of LP \12,000 Mainstream 69 ○2 ○1 カナダ盤

カラフルに彩色されたアコギを持つジャケット写真がかっこいい、カナダの女性シンガー、キャシー・ヤングの1stアルバム。本国のメインストリーム・レーベルからのオリジナル盤です。1曲目は「Spoonful」のカバーで、数曲はサイケ色が見られるもののの、ワルツ調の「Everyone's A Dealer」、「Misfit Matilda」、「Mr.Moth」など、ピアノやチェンバロが使われた明るい曲が魅力です。アコーステイック・ポップ調の「Following in Front」も佳曲。全11曲。当時の北米盤の中古としてはめずらしく、ジャケットの裂けはもちろん、剥げ、退色がほとんどなく、盤もきれいです。音質もかなり良いです。リプロ版や再発ではありません。

Colin Blunstone I Don't Believe In Miracles LP \3,400 CBS 79 ○2 ○1 イギリス盤

アルバム「One Year 1年間」でおなじみ、元ゾンビーズのコリン・ブランストーンのめずらしいイギリス編集のコンピレーション!「One Year 1年間」から、「Caroline Goodbye」、デニー・レイン作の「Say You Don't Mind」、ストリングスの美しい「Let Me Come Closer to You」、テイム・ハーディンのカバーでボサノバ風アレンジの「Misty Roses」ほか5曲を収録。タイトルにも使われた「I Don't Believe In Miracles 」、ゾンビーズ時代の盟友、ロッド・アージェントとクリス・ホワイト作の二曲「Wonderful」、「Beware」も含む16曲。3枚のソロアルバムからの選曲にもかかわらず、まるでオリジナル・アルバムのようなサウンドの統一感がすばらしい1枚です。

Colin Blunstone Say You Don't Mind 7シングル \2.900 CBS 71 ○2 ○1 オランダ盤

ゾンビーズのボーカリスト、コリン・ブラウンストーンの人気アルバム「One Year」からのシングル。これはオランダで発売された貴重なカラー・スリーブ付で、アルバム・ジャケ裏面のエスキモー帽をかぶったコリンの写真が使われたナイス・デザイン。アズテック・カメラの「We Could Send The Letter」を思わせる自作のタイトル曲に、デニー・レイン作の「Say You Don't Mind」をカップリングしたもの。アルバムリリース当時に発売されたオリジナル・シングルです。

Zombies Imagine The Swan 7シングル \2.900 Date 68 ○2 ○1 アメリカ盤

ゾンビーズ活動末期のシングル。演奏はすでに実質上「アージェント」のメンバーながら、まさに「オデッセイ&オラクル」に収録されていてもまったく違和感のないすばらしいPOPソングです。そしてめずらしいロッド・アージェントとクリス・ホワイトの共作です。B面は活動末期の録音ながら、スインギング・ロンドンの時代をほうふつとさせる、ハモンド大活躍のクールなインスト曲。ガールフレンドの踊れる曲を書いてほしいと依頼にこたえたものだそうです。オリジナルのカンパニー・スリーブ入りの、ホワイト・レーベル・プロモ盤。たいへん美しく保存されています。

Cybill Shepherd featuring Stan Getz Mad about The Boy LP \4,900 Crepscure 85 ○2 ○1 ベルギー盤

各誌で絶賛されている「Taxi Driver」などに出演の女優、シビル・シェパードの76年録音のボサ・ジャズ・アルバム。初のボサノヴァの世界的ヒット「イパネマの娘」でもおなじみ、アルト・サックス奏者のスタン・ゲッツとの共演盤です。このアルバムは最初アメリカのレーベルから出ていたものを、85年にあのクレプスキュールから発売。これはそのときのピカソ風(?)イラスト・ジャケットによる初回発売分です(そのあとアメリカ盤と同じ写真のジャケットに変更となりました)。ハーパース・ビザールもカバーした「Speak Low」や「マスカレード」など、バックのサウンドもたいへん美しく、本業の片手間などとは言わせない高品質の作品集。ジャケ裏の出演作品でのスチール写真も美しく、オリジナルで持っておきたいアイテムです。全10曲、アナログはずっと廃盤のアイテム。

David Hemmings Happens LP \6,900 MGM 67 ○2 ○1 アメリカ盤

映画「欲望」の主役のカメラマン役を演じた俳優、デヴィッド・ヘミングスの67年のアルバム。ほぼ全曲にバーズのメンバーが大きく関わっており、典型的バーズ・サウンドでレオン・ラッセルのアレンジによる「Back Street Mirror」、当時のバーズが始めていたラーガ風アプローチの「Good King James」、ティム・ハーディンのカバー「Reason to Believe」など全9曲を収録しています。9歳のときからプロの歌手でもあったともいう、俳優の片手間仕事ではないクオリティを誇る一枚です。オリジナルのレーベルのインナー・スリーブに、画家でもあった彼の手によるドローイングが表紙の見開きリーフレットが付属。ライナーノーツと映画同様、白いパンツとカラー・シャツの写真も掲載。たいへんお金がかけられた作品だということが分かります(残念ながらデヴィッド・ヘミングスは昨年末没)。未再発の廃盤アイテム、ジャケ左隅に目立たないホール・タイプのカットアウトあり。

Design Day of The Fox LP \3,900 Regal Zonophone 73  ○2 ○1 イギリス盤

デザインのレーベルを移籍しての3rdアルバム、前2作同様ソフトロック調とも、また実にイギリスっぽいとも言える音世界です。導入部から意表をつかれるキャロル・キング「つづれおり」収録曲「I Feel Earth Move」のカバーは、パーカッションにアコーステイック・ギタ−中心のアレンジがクラブでも使えそう。彼らのオリジナルもクリス・スペンディングをはじめとする、バック陣にも支えられ、なかなかの出来となっています。美しいリーガル・ゾノフォンのレーベルも魅力の未再発・廃盤アイテム。

Design By Design LP \3,400 EMI 76 ○2 ○1 イギリス盤

デザインのおそらくこれがラスト・アルバム。EMIレーベルで、アビーロードとAirスタジオ(ジョージ・マーチン所有)録音で、アコギの伴奏とちょっとカーペンターズを意識したのかなと思わせる「Precious And Few」、サイケ風の冒頭のギターから一転、ポール・マッカートニーを思わせる曲調、バッド・フィンガーばりの転調もみせる「You Take My Breath Away」など、曲ごとに男女ボーカルが入れ替わり、あるいは強調しながら進行していきます。彼らのアルバムはすべてそうですが、曲のクオリティが高く捨て曲のない好作品です。美しい表面コーティング・スリーブ、全11曲の未再発・未CD化アイテム!

Dino Valente Dino Valente LP \8,900 Epic 68 ○2 ○1 アメリカ盤

アコーステイック・サイケ・フアンはもとよりソフトロック・フアンの支持も大きい、ディノ・ヴァレンテの唯一のアルバム。「Time」、「Choldren of The Sun」など美しいサウンドとボーカルを聴かせてくれます。金文字で「Dino Valente」のプリントが入ったシュリンクが残った貴重なアイテム。裏にはプロモ仕様であったことを示す「Demonstration only Not for Sale」の小さなステッカーが貼られています。盤はほとんどプレイされていないと思われる、Epic イエロー・レーベル盤。レコード取り出し口のジャケ表面の剥げ以外は、ダメージやカットアウトもありません。

Dusty Springfield Magic Garden-This Is Dusty Springfield vol.2 LP \3,900 Philips 73 ○2 ○1 イギリス盤

ダスティ・スプリングフィールドの60年代後期から70年代初期の音源を集めた73年の編集盤。A面にはフィフス・ディメンションも取り上げたジミー・ウェッブ作品「Magic Garden」、ランディ・ニューマン作「I Think It's Gonna Rain Today」、そしてバート・バカラックの4作品。「In The Land of Make Believe」、「Close To You」、「Girl's in Love with You」、「The Look of Love」と、まさにお腹いっぱいの内容。さらにSt.エチエンヌのシングル「Nothing Can Stop Us Now」の元曲「I Can't Wait Until I See My Baby's Face」、ミシェル・ルグランの「風のささやき」をB面に収録。コーテイング・スリーブ仕様の全12曲、未再発・廃盤アイテム。

Dusty Springfield Where Am I Going LP \7,900 Philips 67 ○2 ○1 イギリス盤

St.エチエンヌのシングル「Nothing Can Stop Us Now」の元曲「I Can't Wait Until I See My Baby's Face」を収録したダスティ・スプリングフィールドの67年作品。イギリス・オリジナル・アルバムでさらにモノラル・バージョンです。フルートのメロディが「Nothing Can Stop Us Now」そのままの「I Can't wait」をはじめ、バート・バカラックの「Close to You(遥かなる影)」や、CMで使われている「Sunny」、スイングが心地よい「If You Go Away」など充実した作品。ボーカルは言うまでもないですが、アレンジ・演奏もすばらしい一枚です。コーテイング・スリーブ仕様の未再発・廃盤アイテム。なんとオリジナル・シュリンク付の全12曲。

Dusty Springfield Dusty … Definitely LP \4,900 Philips 68 ○2 ○1 イギリス盤

名女性シンガー、ダスティ・スプリングフィールドの68年のアルバム。レッド・ツエッペリン参加以前のジョン・ポール・ジョーンズも制作に参加。2曲のバート・バカラック作品をカバーし、おなじみ「This Guys in Love with You」に、取り上げられることがまれな「Another Night」、最高の出来のランディ・ニューマンの「I Think it's Gonna Rain Today」、クラブでのプレイもバッチリな間奏のベース・ソロがかっこいい「Love Power」、ジルベルト・ジルのボサノバ・カバー「Mornig」など捨て曲なしの作品です。トム・スプリングフィールドにとっては、ミックスに不満があったらしくボックス・セットなどでは音源がリミックスされており、逆にオリジナル・ミックスのこのLPバージョンが希少となっています。コーテイング・スリーブ仕様の未再発・廃盤アイテム。全12曲。

The Eighth Day On The Eighth Day LP \6,900 Kapp 67 ○2 ○1 アメリカ盤

各誌で絶賛のエイスデイの唯一のアルバム。とにかく高度で美しいコーラス・ワーク。エタニティ・チルドレンを思わす「Brandy」、「Bulding with The Steeple」、「How Can I Stop Loving you」などPOPで、さらに幻想的な雰囲気の楽曲も魅力のひとつです。なかなか見かけないオリジナル・アナログ盤。ジャケ左上すみにドリル・ホール・タイプのカットアウトがありますが目立ちません。オリジナルのインナー・スリーブも残っています。全11曲の廃盤アイテムです。

Eternity's Children Blue Horizon 7シングル \4,300 Tower 68 ○2 ○1 アメリカ盤

人気のエタニティズ・チルドレンのめずらしいアルバム未収シングル。タワー・レーベルからのラスト・リリース作です。タイトル曲はホーンが大きくフューチャーされ、間奏のハモンド・オルガンのアレンジもいい雰囲気。B面はアルバムから「Lifetime A Day」。女性ボーカル主導のかわいい曲調と、サイケデリックなラスト部分が印象的な1曲です。当時のタワー・レーベルのカンパニー・スリーブ付。アナログは未再発・廃盤アイテムです。

France Gall Ihre Grossten Hits LP \6,900 Teldec 88 ○2 ○1 ドイツ盤

こちらもフランス・ギャルの60年代のドイツのデッカ・レーベル活動時期のリリースをまとめた編集盤。すでにCD時代に突入した88年にCD版と同時リリースされたもので、CDと同じ曲数の全16曲。60年代の編集盤より曲数が多く、人気シングル「Computer Nr.3 」、「夢みるシャンソン人形」のドイツ語バージョン「Das war eine sch?ne Party 」も収録しています。さらに一部ではありますがMusidisc時代の曲も収録。ジャケ裏にシングルの当時のリリース状況も載っています。年代は新しいもののCDでのリリースが中心だったため、このLP版は意外に見かけない一枚です。ドイツ本国オンリーの未再発・廃盤アイテム。

France Gall Chanson Indienne 7シングル \4,900 Philips 67 フランス盤

フランス・ギャルの67年の4曲入りEP。ジャケットの衣装のとおり、インド風の音階やパーカッションを使った、フィリップス・レーベル時代ではめずらしいアレンジ。しかし美しいメロディはさすがです。イエイエ期のミディアム・ナンバーに近い「La Fille d'Un Garson」、ストリングスが大幅に導入された佳曲「Toi Que Je Veux」、「Gare A Toi〜」を収録しています。

The Free Design Kites Are Fun (4 Channel Stereo) LP \8,900 Project 3 67 ○2 ○1 アメリカ盤

フリー・デザインの1stアルバムのめずらしい4チャンネル・ステレオ・ミックス版。リリース数が少なかったのか、ジャケットは通常のステレオ盤 「SD」ナンバーのものに、4チャンを示すステッカーを貼って流用。しかし盤はまぎれもなく「QD」ナンバーの4チャンネル盤です。もちろん内容もすばらしく、シングルとなったタイトル曲、ハーパース・ビザールもカバーしたポール・サイモン作「59番街橋の歌」、映画「男と女」のテーマ曲カバーなど、全12曲を収録しています。めずらしい未再発・廃盤アイテムです。盤、見開きジャケットとも美しく保存されています。

Sylvia Vrethammar And Georgie Fame In Goodman's Land LP \4,900 Sonnet 83 ○2 ○1 イギリス盤

スゥエーデンの女性シンガー、Sylvia Vrethammar とジョージー・フェイムのデュエット・アルバム。サックスのハーブ・ゲラーも全面参加したおしゃれなスイング・ジャズ・ボーカル・アルバムに仕上がっています。最近では土岐麻子、またブロッサム・デアリーも取り上げていたアップテンポの「Just One of Those Things」や「Sweet Georgia Brown」、「Memories of You」など選曲もいい全12曲。レーベル広告スリーブ付。未再発・廃盤アイテム。

Georgie Fame Right Now LP \4,900 Pye 78 ○2 ○1 イギリス盤

ジョージー・フェイムのめずらしいパイ・レーベル時代の作品。ワウ・ギターがかっこいい「A Different Dream」に、スティーヴィー・ワンダーの「くよくよするなよ(Don't You Worry bout A Thing)」、「Too Shay to Say」の2曲のカバー、タイトルどおりのラテン・ナンバー「Little Samba」など、全12曲を収録しています。未再発・廃盤アイテム。

Georgie Fame Samba (Toda Menina Baiana) 7シングル \3,900 Ensign 86 ○2 ○1 イギリス盤

のちにモンド・ケインでのコラボレーションにつながった、ストック・エイトキン・ウオーターマン・プロデュースの、ジョージー・フェイムの86年のシングル。ジルベルト・ジルの作品の英詞によるカバーで、女性コーラスも入ったキャッチーでフロア向きナンバー。さらにB面の「Willow King」も同系統のさわやかな1曲でおすすめです。ピクチャー・スリーブ付の未再発・廃盤アイテム。

The Hep Stars We And Our Cadilac LP \9,900 Olga 65 ○2 ○1 スゥエーデン盤

のちにアバへと発展することから、世界的に人気を誇るスウェーデンのグループ、ヘップ・スターズの1stアルバム。70年代の再発ではない65年リリースのオリジナル!タイトル名にちなんだキャデラックをバックにしたメンバー写真の美しいコーティング・スリーブです。当時の英ビート・グループとかなり選曲が似通っていて、フーの「Bald Headed Woman」に加え、フィル・スペクター作の「Be My Baby」、「The She Kissed Me」のカバーも収録されています。全12曲、スゥエーデン本国盤両面コーティング・スリーブ、名前の記入や、背抜け、底抜け、カットアウトもない未再発・廃盤アイテム。

The Hep Stars Hep Stars LP \7,900 Olga 66 ○2 ○1 スゥエーデン盤

スウェーデンのグループ、のちのアバに発展するヘップ・スターズの3rdアルバム。「Consolation」、「Lady Lady」などメンバーによるオリジナル曲の比重が増え、ビート・グループからPOPな楽曲を作れるグループに成長した様子がうかがえます。1stでのハモンド・オルガンの使用以外のサウンド・メイキングも向上しています。全11曲、スゥエーデン本国盤両面コーティング・スリーブ、カットアウトもないなかなか見ない未再発・廃盤アイテム。

Ike And Tina Turner River Deep Mountain High LP \3,900 A&M 69 ○2 ○1 イギリス盤

フィル・スペクター制作によるアイク・アンド・ティナ・ターナーのアルバム。70年に表面コーティング・スリーブでイギリスA&M(メイフェア)からリリースされたLPです。タイトル曲や「I'll Never Need More Than This」では自作曲ということもあって、スペクター色がきわめて強いですが、「A Love Like Yours」などのスロー曲ではそのストリングス・アレンジが目立ちすぎず、いい効果を上げています。全12曲の廃盤アイテムです。

Inner Dialogue Friend LP \8,900 Ranwood ○2 ○1 アメリカ盤

めずらしいインナー・ダイアログの2ndアルバム。前作よりさらに洗練されたサウンドで、現在も再発されていない作品です。美しいハーモニー・ボーカルによる「Portrait of Me」、リズミカルなベースラインとホーンのフレーズがおしゃれな「Made to Measure」、ボサノバの「Too Much to Love」などのオリジナル曲に加え、おなじみのバート・バカラック・ナンバー「Raindrops Keep Falling of My Head」、ピアノのアレンジによるビートルズの「Cry Baby Cry」、軽快なジェイムス・テイラーの「Carolina in My Mind」など、カバー曲のセンスも良い全12曲。未再発の廃盤アイテムです。

Jane Birkin Black…White 7シングル \3,900 Desk And Field ○2 ○1 フランス盤

モンド・ミュージック誌でも取り上げられていたすばらしいジャケット・デザインのジェーン・バーキンの7インチ。「Black And White」のスコッチ・ウイスキーの販促用シングルで英語詞バージョンとフランス語バージョンが収められています。音源的にもおもしろく、フランス本国でもあまり見かけないシングルです。

Jane Birkin Je t'aime Moi Non plus 7シングル \4,900 Anlic 74 ジャケ写真  イギリス盤

レコード・コレクターズ誌、ゲンスブール特集のカラー・ページに紹介されていたアイテム。ゲンスブール作曲のおなじみの1曲が、イギリスにて発売された際、独自のショッキングなジャケットが制作されました。フランスほかほかの国では見られない、フアンに人気のアイテムです。

Jeanne Moreau Les Chansons Clarisse LP \4,900 Polydor 69 ○2 ○1 フランス盤

ジャンヌ・モローの69年作品。フランスでの70年代初期に再発されたアナログ盤を、当時日本のポリドール・レコードが輸入し発売した日本仕様盤。ジャズ・ヴァイオリニストのステファーヌ・グラッペリが参加し、ボザノヴァ・テイストの曲もある、サウンド的にもかっこいい作品です。全17曲、コーテイングされた見開きジャケット、日本語解説2点と歌詞が載った見開きカードが付いています。アナログは未再発・廃盤アイテム。

Jeanne Moreau No.2- 12 Chansons Nouvelles LP \7,900 JACQUES CANETTI DIS 67 ○2 ○1 フランス盤

ジャンヌ・モローの67年作品。フランスでの70年代に再発されたアナログ盤です。前作同様Cyrus Bassiakの楽曲を取り上げた全13曲。華やかなカラー・ジャケットが印層的な一枚です。アナログは未再発・廃盤アイテム。

Joe and Bing Joe and Bing LP \6,900 RCA 76 シールド新品  アメリカ盤

ベスト・オブ・フレンズ名義でのアルバム「Daybreak」で知られるデュオ、ジョー・アンド・ビングの76年のアルバム。ドン・カーシュナーのバックアップで、元トーケンズのメンバーやギターにエリオット・ランドール、「You Didn't Have to Go」のサックスにはデヴィッド・サンボーンと豪華なメンバーが参加。小規模ながら彼ら唯一のヒット・シングル「Barnstormer」も収録しながら、こちらのアルバムはほとんどヒットしなかったと思われます。なかなか見ない貴重なシールド(!)のオリジナル盤。ジャケ右下に目立たないライン・タイプのカットアウトあり。全11曲の未再発・廃盤アイテム。

John Howard Kid in A Big World LP \6,900 CBS 74 ○2 ○1 イギリス盤

モンド・ミュージック誌で「早過ぎたヘアカット100」とも評されていた、ジョン・ハワードのおそらく唯一のアルバム。ニック・ヘイワードの1stソロ・アルバムに入っていそうな、しゃれたアップテンポ・ナンバー「Family Man」、叙情的なバラード曲「Goodbye Susie」「Missing Key」などを収録。あのアビーロード・スタジオで、ゾンビーズ、アージェントのロッド・アージェントやボブ・ヘンリット(キンクス)を迎え録音されたPOPアルバムです。魅力的な美しいジャケットに、歌詞カードも残っている全10曲の未再発・廃盤アイテム。

John Howard Nothing More to Say (but Goodbye) 7シングル \2,900 Loose 84 ○2 ○1 イギリス盤

モンド・ミュージック誌にも紹介されていた、ジョン・ハワードの単独では最後となったシングル・リリース。デビュー時代からの自分の写真を並べた裏ジャケやタイトル曲の曲名など、ラスト作であることを意識していたのではと思われます。B面の「You Keep Me Steday」は、まさに75年のアルバム「Kid in A Big World」の頃のサウンドです。イギリスのインディ・レーベルからの未再発・廃盤アイテム。

Karine Et Rebecca Karine Et Rebecca LP \9,900 Disc AZ 66 ○2 ○1 フランス盤

なんとアルバムもリリースされていた、フレンチ子供ものの筆頭。カリン&レベッカの66年作品。数枚の4曲入りEPが人気の彼女たちですが、そのEPシリーズからの「Moi,Je Dors Avec Nounours」は二人の語りも入った、かわいい歌声が楽しい一曲。さらに愛犬もゲストで参加(?)の「Mon petit chien」など全12曲。EPシリーズには含まれていない、このアルバムのみの収録曲も貴重です。ほかでは見かけない、ぬいぐるみに囲まれた髪をショートにした彼女たちの写真をジャケットに使用。コーティングされた見開きスリーブのモノラル・バージョン。この時代のものとしては、かなり美しく保存されているアイテムです。

Laura Nyro Up on The Roof 7シングル \3,400 CBS ○2 ○1 アメリカ盤

ローラ・ニーロがキャロル・キングをカバーしためずらしい7インチのUS版プロモ・シングル。片面にモノラル、もう片面にはステレオ・バージョンで収録のプロモ盤ならではの仕様。2枚組CDアンソロジーにも収録されなかったこのカバーですが、内容は楽曲に負けないすばらしいもの。未再発・廃盤アイテム。

Les Calamites Pas La Peine 7シングル \3.400 New Rose 84 ○2 ○1  フランス盤 ジャケ写真

レ・カラミテの2ndシングル。1stにあったガレージっぽさが抜け、ギターポップ色が強まった1枚。なんとB面は「A Girl From New York City」のフランス語によるカバーで、これがなかなかの出来でおすすめです!

Lio Lio LP \3,900 Ariola 81 ○2 ○1 日本盤(帯なし)

ネオアコ本掲載のフランスのガール・シンガーリオのデビュー・アルバム。「美少女」という邦題が付けられた日本盤です。人気の「Banana Split」、「恋はAmi Ami」も収録。着せ替え用シートも付いています。解説・歌詞・対訳付。アナログは未再発・廃盤アイテムです。サンプル盤やレンタル落ちではありません。

The Love Generation The Love Generation LP \5,900 Liberty 68 ○2 ○1 イギリス盤

ラヴ・ジェネレイションの当時のイギリス盤アルバム。アメリカでの2ndアルバムのスリーブ・デザインを使用し、2ndのアルバム構成をもとにしながら、1stアルバムのシングル曲「Groovy Summertime」や「She Touched Me」も収録したお得な選曲。さらにめずらしいモノラル盤で、イギリス盤独特の表面コ−ティング・スリーブとなっています。全14曲、なかなか見かけない未再発・廃盤アイテム。

Lulu (And The Luvvers) Shout 7シングル \3,400 London 68 ○2 ○1 日本盤

68年に発売されたルルのクラブ・ヒットの日本盤7インチ。アイズレイズの楽曲をパワフルなボーカルで聴かせてくれます。歌詞・解説付の見開きピクチャー・スリーブ付(見開き内に小さく日付の書き込みあり)。きれいに保存されているアイテムです。

Manfred Mann This Is ...Manfred Mann LP \3,900 Fontana 69 ○2 ○1 イギリス盤

マイク・ダボ加入後の後期マンフレッド・マンの編集LP。ピチカート・ファイブもカバーした人気の「My Name Is Jack」、同名映画の主題歌「Up The Junction」などPOPな歌ものに加え、クラブ対応のインスト・EP「Instrumental Assassination」からトロッグスのカバー「Wild Thing」に、「Autumn Leaves」などインスト曲も充実しています。今アナログでは入手の難しい音源を一度に聴ける好コンピ。フアンの方にとっても、モノラルからこの編集盤のためにステレオ化された曲もあるため、おすすめです。多数もちろんこのアイテム自体も廃盤です。全11曲、コーテイング・スリーブ。

Manfred Mann Instrumental Assassination 7シングル \4,900 Fontana 66 ○2 ○1 イギリス盤

人気の「ワルサー銃」ジャケットの、マンフレッド・マンのインスト集企画EP。スタンダードの「Sunny」、トロッグスの「Wild Thing」、「With A Girl Like You」、ジョージー・フェイムの「Get Away」の4曲をカバーしています。もちろんオリジナル盤。美しく保存されています。

Manfred Mann Up The Junction LP \12,000 Fontana 68 ○2 ○1 イギリス盤

後期マンフレッド・マンの個性が溢れたサントラ盤。貴重な英国盤オリジナル(折り返しコーテイング・スリーブ・モノラル)です。マイク・ダボ加入により、さらに演奏面が充実し「My Name Is Jack」のカバーも大成功していた時期の録音です。歌入りのタイトル曲、「Just for Me」などはもちろん、インスト曲も充実です。あのスタイル・カウンシル「Our Favorite Shop」(シングル「Come to Milton Kyens」)のジャケット写真にも、このレコードが飾られています。

Michel Fugain et le Big Bazar La Fete 7シングル \3,400 CBS 74 ○2 ○1 フランス盤 

ご存知、ミシェル・フーガンのクラブ・ヒット!かっこいいリズム・ブレイクと熱いフーガンのボーカル、女性コーラスがマッチした、すばらしい1曲です。B面にはアコースティック・バラードの「Tout Va Changer」を収録しています。オリジナル・ピクチャー・スリーブ付の廃盤のフランス本国盤です。

Millenium Begin LP \9.800 CBS 68 ○2 ○1 カナダ盤

おなじみソフトロックの名作、ミレニウムの「Begin」のカナダ盤オリジナル・アナログ。シングル曲「5AM」、「It's You」や「There Is Nothing More to Say 」などを収録した全14曲。デザインされた特製のインナー・スリーブが残っており、カット・アウトもない状態。盤もあまりプレイされていない美品。もちろんコロンビア2 eyeロゴのレッド・レーベル。再発ものではありません。

Millenium It's You 7シングル \3,900 Columbia 68 ○2 ○1 アメリカ盤

カート・ベッチャーのグループ、ミレニウムの1stシングル。ジョーイ・スティック作曲のまさにシングル向きのPOP曲の「It's You」、彼らの楽曲の中でも特に人気の高い「I Just Want to Be Your Friends」を収録しています。コロンビア・ホワイト・レーベルの未再発・廃盤アイテム。

The Monkees Head LP \5,900 Colgems 68 ○2 ○1 アメリカ盤

フリッパーズ・ギターの元ネタ入りのモンキーズのオリジナル・アルバム。(アルバム・タイトル自体も「ヘッド博士の世界塔」のヒント?)ワンダーミンツもカバーした「Porpoise Song」と「As We Go Along」の2曲のキャロル・キングの書き下ろし曲も魅力!前者は「Snow Queen」にも連なる幻想的ながらも、「サイケ」という枠にはけっして限定されないさすがキャロル・キングと思わせる1曲。またキャッチーさでは「Porpoise Song」には及ばないものの、さびしげな曲調とすばらしい間奏のメロディー、曲後半はビートルズの「A Day in The Life」のような盛り上がりを見せる「As We Go Along」も見逃せません(ニール・ヤングがギターで参加)。ニルソンの「Daddy's Song」、マイク・ネスミスのオリジナル「Circle Sky」もいい曲です。各曲が映画のセリフなどでつながれたトータル性も楽しい1枚。このアメリカでのオリジナル初回盤のみ、ジャケットにステンレス紙が張られた鏡面特殊ジャケット!またオリジナルのレーベル・カラー・スリーブ付。カットアウトもなく、盤も美しく保存されています。ヒットしなかった作品のため、このオリジナルはなかなか見かけません。

Monica Zetterlund Den Sista Janten 7シングル \3,900 Knappupp ○2 ○1 スゥエーデン盤

モニカ・セッテルンドとスウェーデンのアーチスト、ポーヴェル・ラメルの60年代発表のオリジナル・スプリット・シングル。のちにモニカのアルバムのタイトル・ソングにもなった「Den Sista Jantan」は美しいミディアム・ソング。コーティング・スリーブで盤・ジャケとも美しく保存されたアイテムです。本国オンリーの未再発・廃盤アイテムです。

Neil Innes And Eric Idle The Rutland Weekend Songbook LP \5,400 BBC 76 ○2 ○1 イギリス盤

元ボンゾ・ドッグ・バンド、またビートルズのパロデイ・バンド、ラトルズの「ニール・イネス」。このアルバムは、モンテイ・パイソン(exラトルズ)のエリック・アイドルとの1日のラジオ番組をパロった企画盤です。これが天下のBBCから出ているとは懐が深いです。以前日本のみでCD化されていましたが、アナログはかなりレアだと思います。The WHOのパロデイ・ソング「Concrete Jungle Boy」も収録!

Nino Ferrer Le Disque D'or LP \3,900 Barcley 87 ○2 ○1 フランス盤

ニノ・フェレールの初期から70年代はじめまでの選曲によるアナログ編集盤。クラブ・ヒットの「Milza」、「Telephone」から、アコーステイック・ギターが使われた「La Maison Pres De La Fontaine」など代表曲を、全13曲収録しています。彼の作品のアナログは再発がなく、この編集盤自体も廃盤です。

 October Country October Country 7シングル \3.900 Epic 68 ○2 ○1 アメリカ盤

ソフトロック・サイケの人気グループ、オクトバー・カントリー。これはアルバム未収録曲を収録したシングル。タイトル曲はマイケル・ロイドが同じく手がけていた「Smoke」も取り上げたもので、ミレニアムの「Prelude」風のフレーズから始まるメロデイーの美しさと、何回も曲の展開が変化する演奏の緊張感がすばらしい1曲です。B面の「Baby What I Mean」はPOPサイドよりの、ソフトロック・フアンに嬉しい1曲。こちらはアルバムに収録されていないので、このシングルでしか聴けません。オリジナルのカンパニー・スリーブ入りの、なんとミント状態。たいへん美しく保存されています。

Original Sound Track Les Demoiselles de Rochefort LP \8,900 Philips 67 ○2 ○1 日本盤 (帯なし)

おなじみミシェル・ルグランの「ロシュフォールの恋人たち」のサウンドトラック。これは貴重な当時の日本盤オリジナルLP(レコード番号SFX-7079)です。冒頭のテーマ1曲をのぞき、すべてボーカル入りの楽曲。サントラとしても、POP風味のジャズとして聴いても納得の完成度。以前日本の車のCMにも使われていた軽快な「Arrivee des Camionneurs」、人気の「双子姉妹の歌(Chanson des Jumelles)」も収録しています。見開きジャケに写真入の解説、歌詞、さらに歌詞の対訳3枚がはさみこまれた親切仕様。盤のノイズもほとんどなく、なかなか見かけない一枚です。

Original Sound Track Les Demoiselles de Rochefort LP \6,900 Philips 67 ○2 ○1 アメリカ盤

家で聴いてもフロアのプレイでも大満足の、おなじみミシェル・ルグランの「ロシュフォールの恋人たち」のサウンドトラック!貴重な一枚もののアメリカ盤オリジナル・ステレオ盤(レコード番号 PCC627)です。ジャケ裏にプロモ・スタンプが押された、ホワイト・レーベルでおそらくフェースト・プレスだと思われます。ボーカル曲中心で曲間にセリフも挿入された全15曲。サントラとしても、POP風味のジャズとして聴いても納得の完成度です。以前日本の車のCMにも使われていた軽快な「Arrivee des Camionneurs」、人気の「双子姉妹の歌(Chanson des Jumelles)」を収録しています。カラーの見開きジャケに写真入の仏語と英語による劇中のスクリプトが掲載されています。片方のジャケットの底部中央に3cmの裂けがあるほかはジャケ、特に盤の保存状態は良好です。米フィリップスの広告シート付。アナログは未再発・廃盤アイテム。

Original Sound Track Tennage Rebellion LP \3,900 Sidewalk ○2 ○1 アメリカ盤

サングラス姿の女性のアップ・ジャケットでおなじみのマイク・カーブ制作によるサントラ盤。エタニティ・チルドレンやスモークをリリースしていた、アメリカ・サイドウォーク・レーベルからのリリースです。アンダーグラウンドのドキュメンタリー映画にあわせたサイケデリックな内容となっています。ステレオ・バージョン、未再発・廃盤アイテムです。ジャケ右下隅に穴状のカット・アウトあり。

Original Sound Track Zita LP \7,900 Philips 69 シールド新品 アメリカ盤

69年のフランス映画 「若草の萌える頃」の当時アメリカで発売されたサントラ盤です。全編フランソワ・ド・ルーベの音楽による一枚ものとしては、このアメリカ版しか発売されなかったという貴重なアイテム。なんとごく小さいピンホール・タイプのカットアウト処置がされているものの、シールド状態です。アナログはもちろん未再発・廃盤の全17曲。

Original Sound Track The Red Balloon LP \4,900 Nonesuch ○2 ○1 アメリカ盤

モンド・ミュージック誌でも紹介されていたフランス映画「赤い風船」の英語での朗読入りのサウンド・トラック盤。クラシックのリリースが中心だったエレクトラのサブ・レーベル、ノンサッチからのめずらしいPOPフィールドのリリースです。ジャズ・メンの仕事だと思われる演奏に、フランス風メロディが印象的なサウンド。映画のワン・シーンが載ったコーティングされた美しいジャケットも魅力です。未再発の廃盤アイテム。

Original Sound Track Love Is My Profession/Where The Hot Wind Blows LP \8,900 Everest 60 ○2 ○1 アメリカ盤

ブリジット・バルドー主演の「可愛い悪魔」とGina Lollobrigida主演の「掟」が両面にカップリングされたサントラ盤。以降の色っぽさとはまた違う、かわいいジャケット写真も魅力のめずらしい一枚です。モノラル盤で美しく保存された未再発・廃盤アイテムです。

The Parade Sunshine Girl 7シングル \4,900 A&M 67 ○2 ○1 フランス盤

なんとフランスでもリリースされていたパレードのピクチャー・スリーブ付7インチ。代表曲でもあるPOPなタイトル曲もいいですが、複雑なコード進行を奏でるアコギが効果的なB面の「This Old Lady」も佳曲です。なかなか見かけない一枚です。

Paulus Potters The Argonauts LP \4,900 Nrgo 88 ○2 ○1 オランダ盤

オランダでフュージョン・グループ「タピオカ」を結成していたピアニスト、パウルス・ポッターズのソロ・アルバム。ジャズ・ピアノ・トリオ・サウンドの楽曲に、フルート、ギターのゲストが加わったもの。さらに2曲のボーカル・トラックではクラブ向きのかっこいいソウル風楽曲を聴かせてくれます。自身のレーベルから本人サイン入りの本国オンリー、未再発アイテムです。インサート付。

Peggy Lipton Peggy Lipton LP \7,900 Ode 69 ○2 ○1 アメリカ盤

60年代のTVシリーズ「モッド・スカッド」や近年では「ツイン・ピークス」にも出演していた女優ペギー・リプトンの69年のアルバム。キャロル・キングのグループ、シティもリリースしていたOdeレーベルからの作品で、同じルー・アドラーのプロデュース、さらにシティのチャールズ・ラーキーも参加。そのキャロル・キングの作品を「Natural Woman」、「It Might as Well Rain until September」など4曲もとりあげ、さらにローラ・ニーロの「Stoney End」、「Hands off My Man」もカバーと、女性シンガー・ソング・ライター好きにはたまらない選曲。彼女のオリジナル曲「Memories of Golden Week」も下降コード進行と明るいサビの部分がうまく調和された佳曲です。印象的なジャケット写真も魅力、見開きのワンピースでの写真はキャロル・キングを連想させます。全10曲の未再発・廃盤アイテム。カットアウトもありません。

The Real Group Debut CD \3,400 Edenroth 95 ○2 ○1 ドイツ盤

ドイツのコーラス・グループ、リアル・グループのデビュー・アルバム。ア・カペラでミスティやニール・ヘフティの「Lil Darlin」、コール・ポーターの「Night And Day」、ロジャース・ハート作品の「My Romance」など、スタンダード曲を唄ったおしゃれなアルバム。本国のみリリース作品。全13曲入りの未再発・廃盤アイテム。

Roger Nichols & The Small Circle of Friends Let's Ride 7シングル \5,900 A&M 68 ○1 アメリカ盤

ロジャー・ニコルス&スモール・サークル・フレンズのホワイト・A&Mレーベル、プロモ・7インチ。オリジナル・アルバムには未収録の楽曲で、アルバム収録曲以上にフックのあるキャッチーな1曲です。日本で97年に正規発売されたコンプリートCD収録バージョンは、CDマスタリングにより各楽器やトラック音量の大きさが変化しているというより、まったく別のバージョンに聴こえるのですが、もし別バージョンであるとすれば、このアナログ7インチの方がオーバー・ダブの少ないシンプルなサウンドだと思います。ラン・グルーブ部に「MR」刻印つきの廃盤アイテムです。両面とも同曲・同バージョンが収録されています。

Sarah Jane Morris Sarah Jane Morris LP \2,800 Jive 88 ○2 ○1

元リパブリック、ポール・ウェラーとも交流のある女性シンガー、サラ・ジェイン・モリスの88年のデビュー・アルバム。スタイル・カウンシルのスティーブ・ホワイトが参加し、ホーンの入ったハッピーなアップテンポ・ナンバー「Can't Get To Sleep Without You」、ベン・シドランのプロデュースによるビートルズの「She's Leaving Home」とギルバート・オサリバン「Alone Again」のジャジー・カバー、さらにボビー・ヘブ「Sunny」のカバーなど全10曲を収録。インナー・スリーブ付の未再発・廃盤アイテムです。

Samantha Jones My Way LP \4,900 Contour 71 ○2 ○1 イギリス盤

リバプール出身の女性シンガー、サマンサ・ジョーンズのラリー・ペイジ、マーク・ワーツ制作の71年作品。バート・バカラック作「I'll Never Fall in Love Again」、フィル・スペクター風サウンドの「Which Way You Goin Billy」、マーク・ワーツ作曲の「Today without You」、ハニーバスのピート・デロの楽曲「Do I Still Figure」など、ガール・ポップものとしても英国POPものとしても楽しめる内容です。ジャケットがコーテイング・スリーブ仕様の全12曲、未再発の廃盤アイテム。

Sheila Sheila-The Ye Ye Girl LP \3,900 Philips 63 ○2 ○1 アメリカ盤

フランスの女性シンガー、シェイラのアメリカでのデビュー・アルバム。「イエ・イエ・ガール」と題された、アルバム・タイトルどおり、トミー・ロゥ作品「Sheila」や「Killer Joe」、「All I Have to Do Is Dream」、「Chante Chante Chante」など収録の楽しい内容。モノラル・バージョン、カットアウトもなく美しく保存された未再発・廃盤アイテム。なんとオリジナル・シュリンクに当時のフィリップス・レーベルの広告スリーブ付の全12曲。

Sheila Sheila LP \8,900 Philips ○2 ○1フランス盤

シェイラのイエイエ期の65年頃のフランス・オリジナル・アルバム。人気の「口笛で恋しよう(Le Sifflet Des Copains)」を冒頭に収録し、映画のテーマ曲「Cette Annee-La」、パパパ・コーラスがかわいい「Papa T'es Plus Dans L'coup」など、全13曲を収録しています。表面コーティング、裏面折り返しスリーブの貴重なモノラル・バージョン。この時代のものとしては、かなり美しく保存されているアイテムです。

Slapp Happy Sort of LP \5,900 Polydor 72 ○2 ○1 ドイツ盤

72年に発表されたスラップハッピーのファースト・アルバム。これは80年にドイツのレコメンディッド・レーベルからリリースされたもの。美しいだまし絵写真のジャケットからも予測される、すばらしい内容の作品です。ペイル・セインツやマジー・スターがカバーした「Blue Flower」、「I'm All Flower」はまるで1stの頃のヴェルベット・アンダーグラウンドのようなギター・サウンド。意識したわけではないのでしょうが、タイトル曲にいたってはギターの音色までヴェルベッツ風です。さらに美しいダグマー・クラウゼのボーカルがのったピアノにサックスがからむ「Small Hands of Stone」など、ジャズのエッセンスが感じられる楽曲も魅力です。全14曲の未再発・廃盤アイテム。

Sounds Incorporated Sounds Incorporated LP \5,400 Gramophone 64 ○2 ○1 イギリス盤

サウンズ・インコーポレイテッドの1stアルバム。同じEMI系列のMusic for Pleasureレーベルからの60年代後半の再発盤です。ビートルズの北米ツアーのオープニング・アクトを努めた彼ら。マーキーズ、リトル・リチャードなど、まさにモッズ好みの名曲をすばらしいホーン・アレンジでカバーしています。フルートの使用もチェンジ・オブ・ペースに貢献しています。全12曲の未再発・廃盤アイテム。モノラル仕様で、ビートルズでおなじみGarrod And Lofthouse社の表面コーテイング折り返しスリーブ、レーベルの広告インナー付。

Sylvia Vrethammar And Georgie Fame In Goodman's Land LP \4,900 Sonnet 83 ○2 ○1 イギリス盤

スゥエーデンの女性シンガー、Sylvia Vrethammar とジョージー・フェイムのデュエット・アルバム。サックスのハーブ・ゲラーも全面参加したおしゃれなスイング・ジャズ・ボーカル・アルバムに仕上がっています。最近では土岐麻子、またブロッサム・デアリーも取り上げていたアップテンポの「Just One of Those Things」や「Sweet Georgia Brown」、「Memories of You」など選曲もいい全12曲。レーベル広告スリーブ付。未再発・廃盤アイテム。

Tee And Cara As They Are LP \6,900 United Artist シールド新品 アメリカ盤

60年代後半の男女デュオ、ティー・アンド・キャラのおそらく唯一のアルバム。ヴィブラフォンやフルート、バイオリンが使われ、おだやかな好作品。二人のオリジナルだけではなく、スロー・アレンジによるビートルズの「A Hard Day's Night」、ガーシュインの「ポーギーとベス」より「I Got Plenty or Nothing」をカバーしています。全10曲、なんとシールド状態の未再発・廃盤アイテム。カットアウトもありません。 

Terry Ronald Chains of Love 12シングル \3,400 MCA 91 ○2 ○1

クラブ仕様としても、またネオアコ・フアンにもおすすめのテリー・ロナルズの91年のシングル。タイトル曲はあのRoy Ayersのヴィブラフォンをフューチャーしたさわやかな1曲。プロデュースはスタイル・カウンシルのスティ−ブ・ホワイトです。カップリングにはリンダ・ルイスをボーカルとした、バッファロー・スプリングフィールド「For What It's Worth」のカバーを収録。アップテンポにアレンジされ、ワウ・ギターのカッティングやホーンの入ったB面扱いがもったいない出来です。もう1曲の「Slaves」はアコギとボッサ・リズムがリゾート風のミデイアム曲。全3曲の未再発・廃盤アイテムです。

Tom Northcott The Best of Tom Northcott LP \3.400 Neptoon ○2 ○1 カナダ盤

60年代後期のバーバンク・サウンドを彩った一人、カナダのシンガー、トム・ノースコットの本国カナダ・オンリーの編集盤。90年代にリリースされたもので、オリジナル・アルバムのリリースがなかったワーナー期のシングル音源を収録しています。アコーデイオンやストリングスで彩った、バーバンク・サウンドの完成系ともいえるドノヴァンのカバー「Sunny Godge Street」やニルソンのカバー「1941」、さらにボブ・デイランの「Girl of The North Country」やランデイ・ニューマンのカバーなども収録した、編集盤とは思えないアルバムとしてすばらしい作品です。全16曲の未再発・廃盤アイテム。

Tom Northcott Sunny Goodge Street 7シングル \3,900 Warner 67 ○2 ○1 アメリカ盤

ヴァン・ダイク・パークスが制作に関わったと言われる、トム・ノースコットのA&M時代のシングル。当時のスインギング・ロンドンの情景を歌ったドノヴァンの楽曲のカバーです。フルートやアコーディオン、ストリングスを使ったアレンジはレオン・ラッセルによるもの。元曲の少し寂しげなワルツが、たいへんカラフルな音世界に生まれ変わったすばらしい一枚です。もちろんモノラルでワーナーのオリジナル・スリーブ付。

The Young Generation The Young Generation LP \5,900 Camden 74 ○2 ○1 イギリス盤

人気曲「Dancing In The Moonlight」を収録したヤング・ジェネレイションの74年のアルバム。イギリスBBCのテレビ・ショーに出演していた、おそらく日本でいえば「ステージ101」のようなグループだったと思われます。カバー曲の選曲が良く、キャロル・キング「つづれおり」収録曲「Beautiful 」、かなりかっこいいアレンジのジョージ・ハリスンの「Give Me Love」、スティーヴィー・ワンダーの「You Are The Sunshine Of My Life」など、捨て曲のない一枚です。美しいコーティング・スリーブによる全12曲の未再発・廃盤アイテム。

The Young Generation They Sold A Million LP \4,900 Camden 74 ○2 ○1 イギリス盤

イギリスのコーラス・ポップ・グループ、ヤング・ジェネレイションの73年のアルバム。他作品とは違い、ここではメンバー二人のみを、フューチャーした、大所帯サウンドを廃した内容。そのためかなり、アメリカのソフトロック的な雰囲気となっています。最近日本でCMにも使われた「Saturday in The Park」や、デヴィッド・ゲイツの「Guitar Man」、「Sugar on Sunday」のカバーを収録しています。全12曲の未再発・廃盤アイテム。

Tony Hatch And Jackie Trent Mr. & Mrs. Music 2枚組LP \5,900 Marble Arch 68 ○2 ○1 イギリス盤

60年代のイギリスPOP界を彩ったトニー・ハッチ・オーケストラとその奥方ジャッキー・トレントの作品をコンパイルした2枚組アルバム。映画「男と女」のテーマ曲カバーや、バカラックの「Make It easy on Myself」、フィフス・ディメンションの「Up Up And Away」、トレントのソロ曲「Call Me」、「Thank You For Loving Me」など、すばらしい選曲の全20曲。美しいコーティング・見開きスリーブによる未再発の廃盤アイテムです。

Twin Connexion Twin Connexion LP \7,900 Decca 68 ○2 ○1 アメリカ盤

サークルの「Turn Down The Day」の作曲チーム、ツイン・コネクションが自らリリースした68年のアルバム。その「Turn Down The Day」のセルフ・カバーは若干アップテンポにアレンジされ、彼らのボーカルも曲の雰囲気にぴったりです。ほかにもハープシコードとムーグ(?)によるコード・バッキングが効果的な「Wind Me Up And I Dancing」、シタールによる味付けとストリングスが美しいミディアム曲「Summer Sadness」、まるでフリッパーズ・ギターのようなデュオ・ボーカルを聴かせてくれる「Oh What A Lovely Day」など、全11曲を収録しています。まだシュリンクも残っている貴重なアイテム。アナログは未再発です。目立たないドリル・ホールあり。

VA Recordando La Nueva Ola LP \5,900 Mag ○2 ○1 ペルー盤

アルゾ・アンド・ユーディンの「Something Going」をカバーしたテレグラフ・アベニュー、ビートルズ、バッドフィンガー・フォロワーのウイ・オール・トゥゲザーなど、南米、ペルーのグループを集めたコンピレーション。60年代末か70年代初めにリリースされたもので、テレグラフ・アベニューは「Something Going」、ウイ・オール・トゥゲザーは「Los Mas Grande Que Existe」、「Llevalo Hacia El Futuro」の2曲。ほかにトラッフィック・サウンドなど全10曲を収録しています。テレグラフ・アベニュー版「Something Going」をアナログでプレイできる貴重なコンピです。海賊版ではありません。

VA The Capitol Disc Jockey Album October 1968 LP \4,900 Capitol 68 ○2 ○1 アメリカ盤

人気のフォー・キング・カズンズの「The Girl's in Love with You」、「California Nights」の2曲を収録した、68年当時のキャピトル・レコードのサンプラーLP。ほかにLetta,Roy Meriweeeeether,Hollyridge Strings,キャノンボール・アダレィの楽曲、2曲ずつを収録しています。一般には販売されなかっためずらしいアイテムで、ポルシェ904カレラと女の子のジャケット・デザインもかっこいい一枚。

VA I Something Festive! LP \5,900 A&M 68 ○2 ○1 アメリカ盤

レコード・コレクターズ誌のソフトロック特集号にも掲載されていた、めずらしいA&Mレーベルの限定クリスマス・アルバム。アメリカのタイヤ・メーカー、BFグットリッチ社の販促用に制作されたものながら、独自のジャケット・デザインなどかなりお金がかかっていると思われるアイテム。おそらくここでしか聴けないバート・バカラックの「The Bell That Couldn't Jingle」、セルジオ・メンデス&ブラジル'66の「The Chistmas Song」、ジャズ・ピアニスト、ピート・ジョリーの「It's The Most Wonderful Time」などのレア曲を収録。さらにトラッシュ・キャン・シナトラズもカバーしていたクロディーヌ・ロンジェの「Snow」など全10曲を収録。もちろん未再発の廃盤アイテムです。

 

Homeへ戻る

 

Copyright (C) 2000-2008 Grapes.